reflection.js を使ったギャラリー




reflect
rheight20、ropacity50はどちらもオプションで、
rheight20  → 反射の高さを20%に設定
ropacity50  → 反射の不透明度を50%に設定
 反射する部分の高さも指定することができます。これもclass="reflect"の中にrheight30のように指定します。reflectionではピクセル数では指定できずパーセントでの指定になります。高さは100%までということはなく500%や2000%まで指定することができますが、実際に効果が表示されるのは100%までになります。
 反射する部分の最初の不透明度の設定もできます。これもclass="reflect"内に記述します。不透明度はropacity20のように指定します。ただし、不透明度を5%からにしたい場合にはropacity05のようにします。